摂理の反対者「あっこ@駅長」の記事の嘘と矛盾について(証言2)

  1. 日本における反対活動の実態
  2. 元信者Cと強制棄教について ~メンバーSの手記~ (1)
  3. 元信者Cと強制棄教について ~メンバーSの手記~ (2)
  4. 元信者Cと強制棄教について ~メンバーSの手記~ (3)
  5. 摂理の反対者「あっこ@駅長」の記事の嘘と矛盾について(証言1)
  6. 摂理の反対者「あっこ@駅長」の記事の嘘と矛盾について(証言2)
  7. 摂理の反対者「あっこ@駅長」の記事の嘘と矛盾について(証言3)

(証言2)「あっこ」の記述の矛盾について

2015年12月25日

摂理(キリスト教福音宣教会)の鄭明析(チョン・ミョンソク)先生(以下「先生」といいます)は、2001年1月4日(木)~1月17日(水)にかけての2週間の日程で、日本各地の訪問をされていました。
この各地の訪問を終え、日本を発たれる直前の2001年1月16日に、先生は千葉県内の家にいらっしゃいました。
先生に、この日本訪問期間に撮影した写真をまとめたアルバムを急遽お渡しすることになったため、関西地域の写真撮影担当者だった「あっこ」が呼び寄せられました。
「あっこ」は、アルバムを作る目的で先生が日本を出発される前日である、1月16日の夜遅くに千葉県内の先生が滞在されていた家に到着しました。
「あっこ」は、夜通しその場にいた何人かと一緒にアルバム作りをしていました。1月17日の朝方に、先生が出発する準備を終えられた後、当時の千葉教会の牧会者が「先生にアルバムを渡してきてほしい」と「あっこ」に説明しました。
「あっこ」は作り終えたアルバムを持って、その家の3階の先生の泊まられていた部屋に行き、すぐ部屋から出てきました。
「あっこ」の記述では、その場にいた人はみな寝ていて、夜明けに一人だけが眠らずに作業し、アルバムの作成途中に先生の部屋に呼ばれたとありますが、実際は「あっこ」が先生の部屋に行ったときには、アルバムの作成作業を終えていて、完成したアルバムを渡す目的で先生の部屋に行ったのです。
また、「あっこ」がアルバムを渡しに行く時間になったときには、その場にいた人たちはみな起きていて出発の準備をしていましたし、先生も出発の準備を終え外出着にも着替え終わっていた状態でした。
「あっこ」の記述は、事実を曲げたものであり、自分の体験に完全に嘘を混ぜています。「あっこ」が先生と性的関係を持つ時間があるはずもなく、そのような状況ではなかったのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<「あっこ」の記事。2001年1月16日夜~1月17日の朝にかけての事実に反する記述(ウェブサイト「S-tation」より)>

その後カメラの使命があったこともあり、何か教祖が特別な集まりを開くたびに呼ばれました。2001 年1月に教祖はまた来日しました。東京に行き、大阪に行き、それから帰るとみんなには説明していましたが、きっとまだ日本のどこかにいるんだろうということは感づいてました。
そしてまたある日 H さんから携帯に電話が入り、至急千葉に来るようにと言われました。千葉の M さんの家に滞在しているらしく、日本巡回の写真をアルバムにしてわたしたいとのことでした。そこでたくさんの写真を持って千葉へ向かいました。東京の美術部の 「あっこ」 さんという人がいました。教祖は千葉の家でくつろいでいました。千葉に着いたのが夜だったので、その日は徹夜の作業になりました。千葉の家の入ってすぐ左の女性部屋でひたすら作業を続けました。「あっこ」 さんもしばらく起きていたのですが、途中で沈没され、H さんも沈没されました。
明け方の5時くらいに M さんが入ってきて、「先生が呼んでいるからすぐに部屋にくるように」と言いました。H さんや 「あっこ」 さんが寝ていたので、報告できないまま M さんと部屋に上がりました。M さんは部屋に私を入れた後、いつかの H さんのようにすぐに去っていってしましました。その頃少し韓国語を勉強していたので、少し韓国語がわかりました。写真がんばっているね、とか言っていました。そしてまた服を脱ぐよう命じられ、きっとまた健康チェックかと思っていたんですが、気がついたら SEX していました。
とても拒絶できる状態ではなく、なんだか知らない間にという感じです。
その後下に降りていったらまだ H さんは眠っていたので、動揺しながらも作業を続けました。朝になって H さんにさっきのことを言おうかと思ったのですが、なんだか言ってしまうことが躊躇されました。言ったら摂理がなくなってしまうんじゃないかとか、大変なことになるんじゃないかという思いもありました。でもやっぱりこれは健康チェックじゃないし、やっぱり変だという思いが強かった気がします。しかし摂理の人たちはいい人たちだし、その頃は社会人のリーダーにもなっていて、ついてくる人たちをほっておけないという思いがあったり、とにかく複雑な思いでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
→摂理の反対者「あっこ@駅長」の記事の嘘と矛盾について(証言1)”>摂理の反対者「あっこ@駅長」の記事の嘘と矛盾について(証言3)